沿革 “食”のトータルクリエーターとして新たな食文化を皆様にご提供します。

会社沿革

1986年 7月 サッポロウエシマコーヒー株式会社設立、資本金3億円とする。
1986年12月 長崎屋(現、メガドンキー)函館店に直営店(現在名称「珈琲処えきす・かふぇ」)オープン。
1988年 9月 外食先向メニュー講習会を発展拡大した「メニュープレゼンテーションフェア′88」を開催、以後内容の充実に努めつつ、毎年開催継続している。(現在の名称;「総合展示商談会」)
1990年 2月 イトーヨーカドー新川店に直営店「EX-CAFE 」新川店オープン。
1995年 5月 札幌物流センターが稼働開始。札幌圏の物流業務アウトソーシング化
1999年 3月 手稲綜合工場にバルブ貼付型コーヒー自動包装機設置。
1999年 5月 メニュー研究・食材開発の為、本社にオール電化テストキッチンを設置。
2001年 6月 札幌市北区札幌東急ストア(現、東光ストア)麻生店に直営店ESPRESSO BAR 「DYNES CAFE」麻生店オープン。
同店に直営店 こだわり豆倶楽部「えきすかふぇ」麻生店オープン。
2001年11月 札幌市南区マックスバリュ澄川店に直営店ESPRESSO BAR 「DYNES 
CAFE」澄川店オープン。( ESPRESSO BAR 「DYNES CAFE」は2006年12月現在2店)
2002年 2月 小樽市銭函町「東洋水産(株)石狩第2冷蔵庫」内に札幌物流センターを移転。
2002年 6月 苫小牧市木場町イトーヨーカドー苫小牧店に直営店こだわり豆倶楽部「えきすかふぇ」苫小牧店オープン。
2003年 6月 北広島市札幌東急ストア(現、東光ストア)北広島店に直営店こだわり豆倶楽部「えきすかふぇ」北広島店オープン。
2003年11月 札幌市豊平区札幌東急ストア(現、東光ストア)豊平店に直営店こだわり豆倶楽部「えきすかふぇ」豊平店オープン。
(こだわり豆倶楽部「えきすかふぇ」は2006年12月現在4店)
2008年10月 ユーシーシーフーヅサプライ株式会社と合併により新サッポロウエシマコーヒー株式会社となる。
2009年 5月 本社を現在地に移転。
2009年 8月 帯広中央支店、東支店を統合。現在地に移転。
2010年 2月 旭川中央支店、東支店を統合。東支店を現在地に移転。
2010年 3月 函館中央支店、東支店を統合。現在地に移転。
2011年10月 北見支店現在地に移転。
2012年 4月 札幌中央支店、東支店を統合し、札幌支店に。
2014年 9月 室蘭支店、登別支店を統合。現在地に移転
  <以上2014年10月1日現在>