採用情報キャリア採用
スタッフインタビュー

業務用事業部 札幌支店 課長田中 和樹

前職:給食委託会社(調理師)
2008年3月入社

こんにちは、田中です!
所属する業務用事業部のコト、会社での仕事をご紹介します。

前職は給食委託会社で、8年程調理師をしていました(なので調理師免許を持っています!)。現在の業務でも調理をしていた経験が役に立っています。

Q

サッポロウエシマコーヒーに入社しようと思ったきっかけを教えてください。

元々前職が弊社の取引先だったこともあり、食材とコーヒーを扱っている認識がありました。調理師の仕事も楽しかったですが、もっと食材の知識を高めたいと思い転職しました。

Q

具体的な仕事内容を教えてください。

業務は主にチーム員が担当しております、得意先様へのご提案・ご依頼の案件のフォローとチーム全体のマネジメントを行っております。

Q

前職での取り組みで、現在も活かせている点はありますか?

調理の方の目線で商品提案ができる所かと思います。
ただ商品をご紹介するのではなく、例えば「ハンバーグが欲しい」とご要望いただいた場合、料理長が実現したいイメージ・ご予算をヒアリングし、さらに調理場の人数・厨房の作りなどを確認します。昨今はどこも人手不足ですから、調理から提供までの負担が少ないよう、トータルでご提案しています。

Q

前職と比較してサッポロウエシマコーヒーが魅力的な会社と感じたところを教えてください。

1つ目は、労働組合の活動が活発で現場の意見が管理職に届きやすい所。女性社員の横のつながりの強化や事業所ごとにミーティングを行い、課題の抽出をして、より良い労働環境づくりを目指す活動をしています。
またチームリーダーになり、より管理職に近い立場になり、営業の営業本来の活動時間を作るという意見を出しました。これはいま取り組んでいる最中です。

2つ目は福利厚生が手厚い所ですかね。人間ドックの補助や有休取得や定時退社日など、制度としてあるだけではなく会社からの呼びかけがあり、そういったケアがある会社は多くないのではと思います。

Q

入社してみて驚いたことを教えてください。

年齢層がはっきりしており、入社当時は同世代(20〜30代)の社員が少なかったことです。
現在は、若手がだいぶ増えたと思います。

Q

辛かったエピソードがあれば教えてください。

札幌圏は多くのお客様を抱えており、倉庫・物流網が非常に大きいので、最初の1、2年は運用を理解するのに戸惑いました。
品切れを起こしてしまわないようお客様とコミュニケーションを密にし、適正な在庫を持つようにして欠品しないことを心がけました。
3年目には仕事にも環境にも慣れました。

Q

社内の雰囲気はどう感じますか?

若い社員が増えており、コミュニケーションはとりやすいかと思います。
困難な状況にメンバーが陥っても、チーム内で共有し対応しております。

Q

今後やりたい、挑戦したいことはどんなことですか

非常にありきたりですが、ワークライフバランスを意識していきたいです。
個人的にもそうですが、チームメンバーの仕事の効率化を意識して取り組んで行きたいと考えております。
また、仕事の楽しさも伝えていきたいと思います。

楽な仕事より自分で工夫して成功したり、一生懸命成し遂げて達成した仕事のほうが充実感がある会社にしていきたいです!

これまでの経歴とキャリアパス

  1. 2000年 前職入社(20歳)

    給食委託会社に調理師として8年程勤務。

  2. 2008年3月 入社(28歳)

    札幌支店に配属となりました。
    調理だけではなく営業をやりたいと思い、応募しました。千歳方面の主にレストランのお客様担当の営業としてのキャリアをスタートしました。

  3. 2011年4月 札幌支店 主任(31歳)

    この頃にはホテル、リゾートホテルを担当するようになりました。

  4. 2015年1月 札幌支店 係長(35歳)

    札幌エリアの外食法人の担当営業となりました。

  5.  
  6. 2017年1月 札幌支店 チームリーダー(37歳)

    チームリーダーとして営業6名のメンバーを束ねながら営業活動をしていました。

  7. 2019年1月 札幌支店 課長(38歳)

    現在も営業6名・事務5名のチームリーダーとして業務をしています。

入社を検討している人へ
メッセージ

私たちは食材・コーヒーで北海道のシェアナンバーワンではありますが、まだまだ伸びしろのある会社だと思います。意欲のある方お待ちしております!